ペンギンな毎日。

アラフォーペンギン男子の毎日。ガジェットやダイエットやマラソンや資産運用や映画や小説。。。

NISA口座は「銀行」でなく「証券会社」で。

f:id:k-penguin:20150808171555p:plain

NISA口座を作ろう

 40歳を前にして「NISAで資産運用」を始めてみようと思い立ちました。

いまさらだけど【NISA】が気になりだしたので。

 

 NISAで資産運用を始めるにあたって絶対に必要となるのがNISA専用の銀行/証券口座

【NISA口座】

です。

 この口座は基本的に『一人につき一口座しか運用できない』ということなので慎重に選びたいと思います。

銀行か証券会社か

 口座をどこで作るか。まずは「銀行」か「証券会社」かを選びます。どちらで作ってもそんなに違いはないんじゃないかと思ったんですが全く違いました!

 

銀行

証券会社

取り扱い種別

・株式投資信託 

・株式投資信託

・上場株式

・外国上場株式

・上場投資信託(ETF)

・上場REIT(不動産投資信託)

商品数(参考)

20-30種類程度

100種類以上

 

日経ムック NISA(少額投資非課税制度)120%活用術! ―タイプ別・お得なプラン付き【完全ガイドシリーズ074】NISA完全ガイド (100%ムックシリーズ)NISAで始める資産運用(小学館新書)500円で入門! NISAで簡単! はじめての株投資 (超トリセツ)図解 山崎元のお金に強くなる!
 「証券会社」の方が商品数が圧倒的に多いですね。「銀行」はなんとなく身近で安心感もあるのですがここは将来的に後悔しないためにも「証券会社」を選択したいと思います。最近はネット証券が増えたことで【手数料】などの値下げ競争が進んでいるようです。この辺も「証券会社」を選択するメリットといえるかもしれません。
 さらに証券会社によっては「買付手数料無料」や「現金プレゼント」などお得な「NISA用キャンペーン」も見られます。

「証券会社」で口座を作ることに

 さて。NISA口座を「証券会社」で作ることに決めました。とは言えネットで少し検索しただけでも無数の証券会社がヒットして迷ってしまいます。
 一度「口座」を作ると長いお付き合いになるでしょうからキャンペーンの内容や評判なども考慮してゆっくり考えたいと思います。

 

日経ムック NISA(少額投資非課税制度)120%活用術! ―タイプ別・お得なプラン付き

日経ムック NISA(少額投資非課税制度)120%活用術! ―タイプ別・お得なプラン付き

 
500円で入門!NISAで簡単!はじめての株投資 (超トリセツ)

500円で入門!NISAで簡単!はじめての株投資 (超トリセツ)